2017年03月06日

中国人の親子がいらした。


13時くらいに電話がかかってきて、「子供ト撃チタイケド大丈夫?」という問い合わせが、あった。
此方は、「ぴったりと親御さんが付き添っていれば大丈夫ですよ」と回答。

これまでの中国人というと私の中ではあんまりいいイメージはなかった。
電車の中で大声で喋るからとか、そんな理由ではない。
ビジネスの関係で、ANNA SUIというブランドバッグの偽物を売りつけたのが中国人だった。
そういうこともあって、正直、中国人に対してあまりいいイメージはなかった。

14時過ぎに大きなベンツでやって来た(ひょっとしたら?反社会的勢力?)
店の中に入って頂き、誓約書を書いて頂いた。
(誓約書の中には、私は反社会的勢力ではありません)という項目があるので反社会的勢力ではないことは分かった。

結論から言うと、中国の人でもこんなにいい人がいるんだと思い知らされた。
ベンツに乗っているから、反社会的勢力という先入観は捨てようと思う。

たぶん、彼は中国に居た時は相当苦労したんだろうと思う。
というのも食べるものが無い時、よくスズメを空気銃で撃ち落として食べていたらしい。(あくまでも中国国内での話)
驚いたのは昔、中国では空気銃が許可無く持てたらしい。(スズメの捕獲制限もナシ)
今は、空気銃の競技に参加する人以外には許可さえ下りないから、所持することすら出来ないみたい。
お父さんは、少したどたどしい日本語だが、子供は普通に日本語を喋る。
疑問に思うことは何でも聞いてくる男の子が可愛かった。
男の子が、何処の学校に行っているのか?知らないが、もし彼がイジメに遭ったら私は怒りで、カラダが震えると思う。(イジメとかに遭わないことを祈る)

電球割にも挑戦して頂いたが、親子共に一発で電球を割ったのは見事だった。

あと、私が少し気を使って、店の中で(中国民歌)というCDをかけていたのだが、お父さんが「コレ台湾ノ音楽、中国ノ音楽ジャアリマセン」
日本で作られているCDなのだが、そう考えたら、日本も結構、いい加減だなと思う。

いずれにしても中国人に対してのイメージがだいぶ変わった1日でした。  


Posted by ガンパチ  at 12:58Comments(0)

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
ガンパチ
ガンパチ
昨年(2013年)の10月に交野市倉治3丁目3-2に、本格的(?)な射撃場としてOPENしました。【赤ひげ】さんの隣です。
只今、料金システムなどを大幅に変更し、更にリニューアルしておりますので、詳しくはHPをご覧ください。

http://grampage.tv/gunpati/

サバゲの前の新銃の試し撃ちや、精密射撃の練習や、A.T.P.Fのような大会前に練習する方が、よくお越しになられます。

皆様に気兼ねなくお越し頂けるシューティング・カフェを目指し、お飲物はネスカフェ・アンバサダー等、ご自身で淹れて頂けるタイプのものになっております。

ガスガン(銃)という、日常とかけ離れたモノを扱う以上は、どうしてもルール重視の厳しい面もございますが、ルールを守って楽しいシューティングライフを満喫して下さい。

駐車場は1台しかございませんので、事前に駐車場に空きを確認して頂くか、交野市駅からバスで幾野1丁目で降りて頂けると目と鼻の先にあります。