2017年03月17日

迷彩服の洗濯について


迷彩服の選択ではなくて、洗濯についてです。
昔、サバゲをやっていた頃は、ベトナム戦争の頃から、殆どデザインの変わらない米軍の迷彩服が主流でした。
丈夫という点では、現在のBDUと何ら変わらないと思いますが、難点は色落ちしやすいことでした。
白い下着と洗濯すると、下着が緑っぽくなりますし、迷彩服の方も洗うたびにくすんだ色になってしまいました。
そこで、同じサバゲをやっている人に聞いたところ
①絶対に陰干し
②洗剤を入れて洗わない
③水洗いする時に、コップ一杯の酢を入れる

先日、テレビでやっていたGパンの洗い方と一緒だったので、思い出して書きました。

ただ、昔の洗剤と違って今の洗剤には蛍光剤やリンが入っていないので、昔ほどくすむことも少ないかもしれません。
又、迷彩服への染料の技術の進歩もあると思います。
服を洗うのに、酢なんか使ったら、酸っぱい匂いがするんじゃない?
と思うんですが、乾くと全く匂いがしないのです。

虫除けを考えるなら、ハッカ油を迷彩服に数滴垂らすといいです。
あんまり、たくさんハッカをかけると匂いで発見されます。
そして「あっ!ハッカちゃん来た来た」と言われて、毎回、毎回、集中砲火を浴びるという悲惨な結果になります。  


Posted by ガンパチ  at 08:14Comments(0)

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ガンパチ
ガンパチ
昨年(2013年)の10月に交野市倉治3丁目3-2に、本格的(?)な射撃場としてOPENしました。【赤ひげ】さんの隣です。
只今、料金システムなどを大幅に変更し、更にリニューアルしておりますので、詳しくはHPをご覧ください。

http://grampage.tv/gunpati/

サバゲの前の新銃の試し撃ちや、精密射撃の練習や、A.T.P.Fのような大会前に練習する方が、よくお越しになられます。

皆様に気兼ねなくお越し頂けるシューティング・カフェを目指し、お飲物はネスカフェ・アンバサダー等、ご自身で淹れて頂けるタイプのものになっております。

ガスガン(銃)という、日常とかけ離れたモノを扱う以上は、どうしてもルール重視の厳しい面もございますが、ルールを守って楽しいシューティングライフを満喫して下さい。

駐車場は1台しかございませんので、事前に駐車場に空きを確認して頂くか、交野市駅からバスで幾野1丁目で降りて頂けると目と鼻の先にあります。